群馬県 伊香保温泉 洋風旅館ぴのん

お電話でのご予約・お問い合わせTEL.0279‐72‐3308
公式HP限定 自社予約特典 宿泊プラン・ご予約
  • ウエディング
  • スパエステ
  • カップル旅
ブログ

ブログ

伊香保まつり07 最終日!

こんにちは、いやし処麗楽屋ぴのんホール 担当 鉄子です。

M2001伊香保まつり3日目です。

本日もカメラマンさんと鉄子の写真、混ぜこぜでお届け致します。

今日も23時頃に石段街へ到着。

射的屋さんも、いつになく賑わっております。

店を覗くと、ナイスなお祭りBOY&GIRLを発見!

M2002_4 「おー、アミちゃん、ハルくん。カッコイイじゃ〜ん。」

二人は、松本楼仲居頭のお孫ちゃんです。

いいところに居てくれました。

撮影協力ありがとう〜。

いずれ二人も、伊香保っ子として勇ましくお御輿を担ぐ日が来るんだろうな。

楽しみ楽しみ。

と、そのお隣にはラブラブ弓矢カップルが。

M2003M2004_2 浴衣の似合うお二人です。

伊香保の似合うお二人です。

若者カップルの皆様、
伊香保のひなびた路地歩き、いいですよ〜。

整えられた石段街を往復するだけでは伊香保の楽しみはわかりません。

たぶん。

クネクネ、ウロウロ、どこを歩いているのかわからなくなったけど、夜空の下、君と手を繋いでいるこの時間が幸せ。。。

はい、それが伊香保の夜の夢気分です。

たまに行き止まりもありますが、是非ともよくわからない道に入ってみて頂きたい。

芸者さんとすれ違ったり、呼び込みフィリピっ子に景気を尋ねたり、色々な旅館のトイレを借りてみたり、坂を上っていたと思ったら下っていたり。

そんな道は無いですけど。

おもしろスポットを見つけたら、是非松本楼ブログまでごコメントを。

石段中腹『おかし屋』付近。

M2005 進行係がしきりに「おかし屋の看板気をつけて!」と言っています。

こんなところにおかし屋があったのかと改めて確認。

一度も行ったこと無いです。

写真にも、何かとおかし屋の看板が写りこんでいてだいぶ目立ってました。

今度行ってみます。

今年もカメラマンさん達たくさんいらっしゃいましたねぇ。M2007

知らなかったけれど、写真コンテストも毎年行われていたのでした。

今年は私も応募してみます。

最優秀作品には賞金5万円。

一応狙ってます。

ひと通り写真も撮ったので、ちょいと休憩にお祭り本部横の居酒屋さんへ。

先ほど通りかかったとき若女将らしき女性が店内にいたので、わざわざ時間をずらして来たというのに、ちょうど若女将が店を出るところに鉢合わせ(笑)。

M2008_3 「わー、やっぱり若女将だー!通行止め柄の帯してる人がいるなと思ったんですよね〜。」

というわけでお仲間と一緒に記念撮影。

この日、読売新聞から取材を受けていた若女将。

このタイガー帯で全国紙にカラーで登場することになったのでした。

「超―はずかしいー!」と言っていました。

M2009 ちゃんとブログ更新してよ!とカツを入れられ、肉まんと、フワフワ氷の台湾スイーツ「雪花氷」を注文。

すっかりお腹も膨れた只今の時刻午前1時半。

そろそろ祭りもクライマックスを迎えます。

お御輿を追いかけて石段を上ります。

M2010 「おーおー、いるねー、ヘロヘロだねー!」

こちら、山形県湯野浜温泉竹屋ホテルのお坊ちゃま。

現在松本楼にて研修中の佐藤君。

お祭り大好き男です。

只今休憩中。

「どう?楽しんでる?」

『ヤバイね。男臭くて息ができない。それが気持ち良いんだよね。』

「おー。熱いコメントありがとう。」

『なんか須田さん骨折ったらしいよ。』

「えーほんとに!?」

M2011こちら板前須田さん。

お祭り用に金髪になっていてビックリ。

ピンク法被の若連はお神輿のサポート役なのですが、結構下敷きになると骨折れるそうです。

鉄子の初日の安全祈願むなしく、名誉の負傷で包丁握れず。。。

おつかれさま〜。

お大事に〜。

出陣前の男達。

M2012_2

この勇ましいお祭り男達の中に、松本楼へ毎日配達してくれる八百屋さんや、酒屋さんがいます。

旅館の若旦那も頑張っています。

いつもと違う男らしさに胸キュンですわ。

M2014伊香保神社までの階段をひたすら神輿を担ぎます。

本当に神様のもとへ登っていく感じです。

M2015私、お神輿がこの階段を上っていくのは初めて見ます。これで落っこちてきたら怖いなぁ。とドキドキ。

結構スムーズに上ってます。

M2017会長も上ってきました。

M2018 ギャラリーの迎える拍手の中神輿が奉納されます。

M2019大歓声です。

M2020 お祭りのことや歴史についても、あまりよくわかっていないのだけれど、なんだか熱いものを感じました。

来年は、伊香保っ子達に密着したり、若連のお祭り準備などを取材して伊香保祭りの様子をお伝えしたいと思っています。

今年見逃した皆様、
来年こそ是非お見逃し無く!

一緒に熱く盛り上がりましょう!

ホテル松本楼HP

洋風旅館ぴのんHP

アーカイブ

公式HPからのご予約が一番お得最低価格保証

  • 宿泊プラン一覧
  • 客室タイプから検索

ご予約の確認・キャンセル