群馬県 伊香保温泉 洋風旅館ぴのん

お電話でのご予約・お問い合わせTEL.0279‐72‐3308
公式HP限定 自社予約特典 宿泊プラン・ご予約
  • ウエディング
  • スパエステ
  • カップル旅
ブログ

ブログ

「2007年02月」の記事一覧

別府温泉と博多中洲の旅  そして花粉症

Cimg4008_1 ここ数年は、薬も飲まずアロマで花粉飛散期を乗り切っている、麗楽屋 鉄子です。

JTB旅ホ連群馬支部従業員研修旅行という名目のこの旅行、伊香保のいろいろな旅館の方々と参加するツアー旅行という感じなのでございます。
姉妹館ぴのんの日本酒大好きハーレー命のちーちゃんと旅立ちました。

でも、すっかり忘れていた花粉症のこと。 バッチリ飛散シーズンなのでした。
しかし、旅立ちの2月20日まで鉄子の花粉センサーはほとんど反応無しだったので、もしや今年こそ治ったのでは?(毎年体質改善されたと信じているので)と余裕で薬もマスクも用意せず出発。

福岡空港に着き、山奥のお寺巡りをしている間にきましたよ。鼻かゆい、目かゆい、顔の皮膚全部かゆい。一応調べていきましたが、旅行の日程中の花粉飛散量は九州全域「非常に多い」。油断しすぎました。そう簡単に治るわけがないですよね。

Cimg4009別府温泉湯けむりモクモクすごかったですねぇ。
湯布院素敵でしたー。
柳川船下りほのぼのしましたー。
大宰府天満宮人多かったなぁ。
博多中洲夜遊びしたかったわ。

と大雑把な感想しか書けないのも全て花粉のせいでございます。
どうしたら鼻水が止まるか、ムズムズから開放されるか、おっさんのような豪快なくしゃみが出そうになるのをいかにコンパクトに出すか、そして気になるティッシュの残量、頭ボーっとしながらそんなことに気を使っているので実際旅を楽しむどころではないですわ。写真もほとんど撮らずです。

Cimg4028 しかし、ごはんのことは結構覚えています。ごはん時になると、なぜか症状が軽くなるのですよ。食いしん坊だからですか。

とくに2日目、中洲「いか造り 万潮」さんの板長お任せコースは美味しくいただきました。ちーちゃんはもちろん地酒を注文。私は1日目に調子に乗って飲みすぎてコロンと寝たら翌朝喉にキて、花粉と風邪のダブルパンチでダルいので、「万潮」さんではおとなしくウーロン茶。口内炎出切るし、吹き出物出るし・・・、休みを取って、さぁ遊ぶぞって言うときに体調不良になるこの仕事人間体質も改善したいですぅ。

そんなこんなで、宿へ到着時には本当に疲れている、スタッフCimg4031 の笑顔に癒される、無愛想には腹が立つ、温泉って気持ちいい、美味しいご飯にありつけるのは本当に幸せということをしっかり学んできました。

いまさらそんな事をとお思いでしょうか。
当たり前であるほど、いつの間にかお客様の「してほしいこと」から離れてしまうことってあるのです。
私からお客様への「お疲れ様でございました」という言葉ってなんか薄かったなぁ、とか思うのです。お上品にお疲れ様ですなんて言われても、疲れ取れませんけどって感じで。

いろいろなサービスを、客となって体験することって本当に勉強になりますね。
これからもお客様の「して欲しいこと」からズレない松本楼であるために、お客様として松本楼を見ることができるスタッフでありたいと思います。皆様からのご意見ご要望も、是非お待ち致しております。

鉄子

ホテル松本楼ホームページ 

松本楼の雛飾り

Hina5 本日より3月4日までの間、松本楼の館内はたくさんのお雛様が飾られています。

Hina7 スタッフ達が持ち寄った年代物のお雛様や、

Hina8 スタッフ手作りの吊るし雛、

Hina2 小さな雛飾りなどが華やかにお客様を迎えます。

Hina1 ロビーやエレベーターホール、

Hina4 また、館内のちょっとしたスペースなどにも小さなお雛様が並んでいますから、

Hina3 それぞれのお雛様に会いにいってみるのもお楽しみの一つかと思います。

Hina6 フロント前にあるこのお雛様、実はオルゴールになっているのです。下中央の取っ手を回してみてくださいね。とってもかわいらしい音色が響きます。

松本楼でのご滞在が、ますます楽しくなるお知らせでした。

鉄子

松本楼ホームページ

還暦のお祝いおめでとうございます!

01本日、記念日プランでご宿泊の橋本様ご一家。

お父様の還暦のお祝いでのご利用でした。

皆様、おめでとうございます。

ホテル松本楼個人向け宿泊プラン

マル秘撮影会! 裏方お見せします

Haruyou1 一室に集まり、真剣な視線を向け合う男たち。

只今、春企画用パンフレットの料理写真撮影中でございます(別にマル秘ではないのですが)。

プロカメラマンの技を学びに、私も見学を。

色々と聞いてみたかったのですが、話しかけて良いやら悪いやら。お顔に似合わず(失礼…良い意味で、です)繊細な調整を繰り返す、カメラマン山本さん。

ご迷惑に違いないと、黙って作業を見つめることにしました。

Haruyou4 お料理のおいしさが最もお客様に伝わるように、一品一品、一番美しいプロポーションに整えます。板前さんとは異なるけれど、これまた「撮るプロ」のお仕事。

板前さんの職人仕事、そしてお客様への想いまでも写真に写りこませる山本さんの職人技、しかと拝見いたしました。

Haruyou5_1 女将の登場と共に締まる空気。
女将の最終チェックで、器の変更などがあることも。

今回は数点チェンジした後、「いいじゃない」とGOサイン。

Haruyou9_1 さて、いよいよ撮影です。
撮影時のフラッシュとは別に、撮影前に「ボッッ。」と光る強い光源にビックリ。
何の役割なのだか聞かぬまま、それが光る度ビックリ。

よく、モデルさんたちがストロボを浴びるたび高揚してノッてくるとかいいますが、こういう光を浴びるのは確かに気持ちよさそうです。

話が飛びました。

Haruyou8 仕事が一段落した板前さんたちも集合します。
Haruyou7 総調理長も真剣な表情。

Haruyou6 その横で、Nikon D70sを構え鯛と向き合う私もまた真剣。

こちらは「めで鯛クン」です。

還暦のお祝いなどで活躍中です。

結局一日掛かりで撮影が終了。
皆さんお疲れ様でした。

こうして松本楼の想いが詰まったパンフレットが出来上がっていきます。

Haruyou皆様、松本楼のパンフレットを手にされた際には、こんな撮影風景も思い出してみてくださいね。

Haruyou10_2 鉄子

ホテル松本楼ホームページ

水澤観音厄払い節分会のおまけ

Dsc_0004_4 昨日の豆まき、10時に間に合うように向ったのですが、駐車場まであと少しのところで渋滞にハマり、車内で豆まき開始の花火を聞きました。
たまらずUターンして、うどん街まで引き返し、秘密の小道に駐車。こちらも既に結構な数の車が停まっていました。

いそいそと水沢観音へ向うと、さっきまでスイスイだったうどん街も大渋滞。

Dsc_0010_2 初詣並みの混み具合です。お正月は、おもちゃと人形の博物館辺りまで渋滞しますけれどね。

境内に到着すると、1回目の豆まき式は修了していました。残念。
次は11時。結構時間があるので、ちょっと喧騒から離れて水澤山へ登ってみる事に。

わたくし普段、モヤシのように日光に当たらぬ生活なもので、キラキラの太陽に照らされDsc_0011_3 るだけでモリモリ元気が湧き出てきました。

ポツリポツリすれ違う方と会釈を交わしながら進むと、伊香保を詠んだ万葉歌碑が。

伊香保の名が読み込まれた万葉集の歌って、結構たくさんあるのですよ。
伊香保周辺のあちこちに、こうした万葉の碑があります。結構情熱的な恋の歌が詠まれていることが多いです。

Dsc_0013_1 「伊香保呂の 八坂の堰手に 立つ虹の 顕ろまでも さ寝をさ寝てば」
(伊香保の山裾にある大きな水門にかかる虹が、はっきり見えるようになるまで、一緒に寝ていられたらどんなにかよいものか。ぜひそうなるようにしたいものだ。)
他の歌に比べると、この歌はわりと淡白な方でしょうか。

さらに進むと、どんどん空気も変わってきました。Dsc_0020_2 鐘の音が遠くに響くだけになり、先ほどまでの賑やかさがうそのよう。

山頂までは4キロほどあるようです。山頂の標高は1194m、伊香保ロープウェイで登る見晴らし展望台(1000m)より高いのですね。

豆まきの時間が近づいて来たので下山を。
この急な階段の昇り降りは結構怖かったですが、次回は山頂まで行ってみようと思います。

Dsc_0050_2 しかし、本当にたくさんの方がお越しでした。お楽しみ福引大会や、うどん券の配布などに並ぶ行列や、出店もあちこちに。

群馬名物『焼きまんじゅう』。
甘く香ばしい香りに誘われて、絶えずお客様がいらっしゃいました。

Dsc_0060_2 ご主人にお聞きすると、「今日は、日が良くて子供も多いから700本は出るんじゃないかい」ということです。1本200円だから、ざっと…円かぁ。いいカンジですねぇ。

Dsc_0063_3 ここのところ、焼きまんじゅうを食べる機会といえば、冷めた焼きまんじゅうを人からもらったとき。冷たいまま食べること。結構ボソボソなんですよコレが。そして、口の周りにタレが付いて食べづらい…。

決して群馬名物批判ではないですよ。
私、焼きまんじゅう好きですから。

久々に食べちゃう?というわけで焼き立てを1本頂くと、アレ?もっちりしてる!ウマウマウDsc_0061_2 マ…と、あっという間に完食。

そうか、焼きまんじゅうは焼きたてを食さねばならぬのかと納得。
焼きたてでもあり、蒸したてでもあるのですよ。
蒸した、真っ白のモッチリまんじゅうにタレを塗り香ばしく焼く、この焼きたてを食べるのが焼きまんじゅうなのですな。

何事もタイミングを逸すると別物になってしまDsc_0053_1 うのだ。
焼きまんじゅうへの認識新たに、「ごちそうさまでした」。

しかし、食べ終わった後に口の周りがベトベトになるのには変わりなく、これがいいんだよとペロリ。

そういえば、なんとも群馬らしい(それも北部)方言も聞こえてきましたね。

とあるお父ちゃんがご主人に、「三本べー、くんない。あったけんね。」(三本ちょうだい。あったかいやつでお願い。)訳さなくてもわかると思いますが一応。
そして焼きまんじゅうを受け取り、「いくべや」とお連れさんに一声。

活字にすると雰囲気が違っちゃうのですが、なんとも雑で田舎臭くていい感じなのです。
昔は、「群馬弁て、中途半端な方言で、べーべーだんべーかっこ悪い」なんて思っていましたが、最近は、田舎なんだもの田舎臭くいくんべーと思ってきました。

Dsc_0058_2 ほかにも、「2月4日までの限定!竹炭まんじゅうです〜」と、ガワもアンも真っ黒のおまんじゅう(水澤まんじゅう)の試食が振舞われていたので、もちろん味見。

Dsc_0056_2 お姉さんに聞いてみると、この「水澤まんじゅう」昨年の11月から販売しているそうです。
おぉ、水澤の名物になるといいですね!

4日までの限定というのは?と聞くと「立春大吉のパッケージです!」だそうです。

なるほど、正しい商売です。

え?ダメですかい?

やっぱり名物を楽しむというのは、タイミングDsc_0059_2 と雰囲気が大事です。よね。

鉄子

ホテル松本楼ホームページ

アーカイブ

公式HPからのご予約が一番お得最低価格保証

  • 宿泊プラン一覧
  • 客室タイプから検索

ご予約の確認・キャンセル